なすブログ

WEBマーケティング、ビジネスに関するブログ

コミュニケーション

話が続かなくて困るを解決!会話ネタ集

投稿日:

はじめに

誰でも一度は困った経験がある「会話」。コミュニケーションは仕事・プライベート両方に関わってきます。特に会話が続かなくて困った経験のある人は多いはず。初めの1分くらいは挨拶などありきたりなことを話しても、それ以降は話す内容がなくなりシーンとして気まずくなることありますよね。またそんな時、無理に会話を続けようとしてわけの分からない事を話してしまい場がギクシャクしたり相手を困らせてしまった経験のある方もいるのではないでしょうか?そこで今回は、雑談で使える「会話ネタ」を3つ紹介していこうと思います。今からお伝えする会話ネタを使えば、職場で上司と気まずくなることや、好きな人と上手く話せないことは無くなります!それではさっそく紹介していきます。

会話ネタ3選

日常の些細なこと

まずオススメするのは日常の些細な出来事です。生活は人によって千差万別です。ジムで体を動かすことが好きな人もいれば、カフェで本を読むことが好きな人もいます。そのため、日常の出来事をネタに話すことで相手のことも知れるし、自分のこともわかってもらえます。その中でお互いの距離が近くなり会話が弾むようになってくるでしょう♪ではどのような生活に関することを話せばいいのか具体例を挙げていきましょう!

  • 趣味
  • 旅行
  • スポーツ
  • 衝動買いしたもの
  • ストレスに感じること
  • 子育て

このあたりのことを話すのが無難だと思います。さらにこれらの話題は話が膨らみやすく話が途切れにくいです。話している中で相手と共通していることがあったらチャンスなので、こちらから「私も〜です!いいですよね!」と嬉しそうに話してあげると相手との距離がより一層縮まります。

自分のデメリット・失敗談

自分のデメリット・失敗談については話したくないという方も多いとは思いますが積極的に話しましょう!なぜなら失敗談を話すことで相手も気を許してくれるからです。「この前彼女にフラれてさ〜笑」のように話してみてください。すると一気に場が和みます。皆さんもそのような経験ありませんか?ちなみに私は「コミュ障・あがり症・可愛い子苦手」という恥ずかしい部分があります笑。恥ずかしい気持ちはありますが、羞恥心は捨てて積極的に話すようにしています。プライドが高く、弱さを見せることができないと壁を作ってしまいますよね。なので自分から積極的に自分の弱さを曝け出すようにしましょう!すると案外、相手も失敗談を話して場が盛り上がることもあるかもしれません。

人間関係でのネガティブなこと

会話の中で人間関係のネガティブなことは話してはいけないと思う方もいるかもしれませんが問題ないです。ポジティブなことよりもネガティブの事の方が話が意外と盛り上がるものです。心理学的にポジティブなことよりもネガティブな事の方が心情の変化が激しいということも影響しているのかもしれませんね。では人間関係のネガティブな事とは具体的にどのような事を話せばいいでしょうか?例えば会社での辛い出来事、上司に怒られた事、彼女と喧嘩した事などなんでもいいです。会社、上司、友人、彼女などの人間関係のことを呟くといいと思います。また、相手が同様にネガティブなことを話してきたら解決策を無理に出すのではなく、まずは共感してあげましょう。例えば「上司に無理な仕事を押し付けられちゃってさ〜」と相手が言えば、こちらは「それは辛いですよね〜。たまには断りたいですけど、サラリーマンとしては断るわけにはいかないですもんね〜」のように相手の気持ちに共感してあげましょう。さらに本音とタテマエも付け加えることができたらより相手は気を許してくれることでしょう!

最後に

話に困らない会話ネタについて紹介していきましたがいかがでしたか?どの会話ネタも事前に準備していれば、初対面の人とでもはいわが続かなくて困るということはなくなるはずです!ぜひ試してみてください!

-コミュニケーション

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした